TOEIC700点台のスキルキープ(8)Amazonプライムビデオ

私は、TOEICテストで700点を突破して以降は、TOEIC受検に向けた勉強はしていません。
ただ、せっかく得た語学スキルは出来るだけ維持したいと思い、英語に関するサイトやアプリ、ポッドキャスト等で、リスニングとリーディングを中心に少しずつ、勉強を継続しています。
NHKの海外向けコンテンツや、アメリカのABC、NBCといった大手放送局が提供しているアプリ等のプログラムが中心ですが、やはり勉強しているという感覚が少しあります。


元々、英語が好きになったのはハリウッド映画の影響で、英語(特にリスニング)を習得したいという願望の原動力も、字幕無しでハリウッド映画を見ることです。
そこで、最初はGoogle Playから映画を購入していました。
レンタルではなく購入にしたのは、レンタル300円、購入1000円と価格差があまり大きくなかったからです。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「アンタッチャブル」等、お気に入りの映画を購入してタブレットに保存しましたが、過去に何度も見ていたため、一度見ただけで終わってしまいました。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に関しては、ペーパーバックも購入して、セリフをじっくり確認しようと思いましたが、あまり長続きしませんでした。


やはり、ハリウッド映画のような生の会話を英語学習の教材にするなら質より量、数をこなす方が効果的だと思い、レンタルして見るようになりました。
レンタルは300円と更に安価ですが、毎月5本前後見ると、年間で数万円程度かかります。

そこで、候補として挙がったのが、Amazonプライムでした。
元々は、子供からAmazonお急ぎ便と、プライムデーやサイバーマンデーで特典を利用したいと言われて検討を開始したのですが、プライムビデオ、プライムミュージック、プライムリーディングの内容を知りびっくり!
これで年間3,900円は安すぎる!ということで、早速会員登録しました。


実際にプライムビデオを使ってみたところ、最新作や話題作は有料となっていますが、会員無料のプライム作品だけで、満足出来るラインナップでした。
量も、HuluやdTVのような動画チャンネルに比べると少ないようですが、個人的には十分です。
毎日見続けても、終わらないのではないかと思います。


個人的にはアクション映画が好みですが、スラングが多く、物語の展開上早口で話すケースが多いので、英語学習にはやや不向きかもしれません。
本当は、恋愛映画あたりが良いと思いますが、50を迎えたおじさんには、英語学習以前に睡魔との闘いになってしまいます・・・


意外と英語学習に合うのがサスペンスものです。
クライマックスシーンは怒号が飛び交うことが多く、ほとんど聞き取ることが出来ませんが、それまでは静かな展開になることが多いです。
恐怖を煽るために、ゆっくりと話す場面もあり、思っていた以上に聞き取れたりします。

また、出演している役者さんにもよりますが、「ショーシャンクの空に」や「ターミナル」等のヒューマンドラマ系も、英語学習に向いていると思います。
「ショーシャンクの空に」に出演していたモーガン・フリーマンは、俳優としてだけでなく、ナレーターとしても超一級品なのでおススメです。

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています。