菜の花の丘公園の風景写真

ニコンの一眼レフカメラD5300で、長野県飯山市にある菜の花の丘公園で一面に広がる黄色の菜の花を撮影しました。
レンズは、D5300 AF-P ダブルズームキットに付属のAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRを使用しました。

DSC_4409_R.JPG


飯山市は、長野県の北東部にある市で、新潟県の県境に近い場所にあります。
戸狩温泉や野沢温泉に近く、冬はスキー客で賑わいますが、春には「いいやま菜の花まつり」を開催する等、黄色の絨毯にように見える一面の菜の花畑が有名です。

DSC_4432_R.JPG

「いいやま菜の花まつり」は、菜の花の丘公園で毎年5月3日から5日にかけて開催されています。
ただ、4月下旬頃でも見頃という情報がネットに出ていたので、私は4月29日に訪問しました。
駐車場は、千曲川西岸を走る403号線ではなく、東岸を走る飯山野沢温泉線沿いに設置されていました。
菜の花公園への入口にもなっている飯山市立東小学校の反対側にあり、来年も綺麗な菜の花を咲かせるための駐車協力金500円で停車することが出来ます(二輪車は100円)。


千曲川のほとりにある菜の花の丘公園は、唱歌「おぼろ月夜」の舞台となったところです。
入口には、「菜の花畑に入日薄れ」のメロディが入ったオシャレな表示板が建っていました。

DSC_4476_R.JPG


飯山市立東小学校を抜けると、すぐに黄色の絨毯にように見える一面の菜の花畑が広がっていました。

DSC_4418_R.JPG

通路に沿って、たくさんの桜の木が植えられています。
残念ながら私が訪問した時はほぼ散っていましたが、タイミングが合えば薄ピンクの桜と黄色の菜の花のコラボレーションが楽しめるそうです。

DSC_4403_R.JPG

子供の日がすぐということもあり、大きなこいのぼりが菜の花畑を縦断しています。

DSC_4415_R.JPG

DSC_4417_R.JPG

更にその奥は迷路のようになっていて、小さな子供でも楽しめるようになっていました。

DSC_4412_R.JPG

DSC_4427_R.JPG


「いいやま菜の花まつり」の開催前でしたが、メインの通路には屋台がたくさん出ていました。
朝の9時半頃でも、結構な数の観光客で賑わっていたので、花まつり開催時はかなりの人出になっていたものと思われます。

DSC_4420_R.JPG


メインの通路から西側の千曲川に行くと、唱歌「おぼろ月夜」さながらの美しい風景が広がっていました。

DSC_4440_R.JPG

DSC_4453_R.JPG

黄色の絨毯のように見える菜の花畑、美しい曲線を描く千曲川、北陸地方との信越国境の残雪と、自然の素晴らしさを実感出来ます。

DSC_4441_R.JPG


こちらは、右手に広がる風景。

DSC_4421_R.JPG

戸狩温泉スキー場をバックに、赤い橋がアクセントになっています。

DSC_4422_R.JPG

スキー場は3月末で営業を終了したようですが、標高の高い所には雪が残っています。


帰りに、飯山市立東小学校に寄りました。
ここの生徒さんは、運動場から毎年このような美しい景色を見ることが出来て幸せですね。
学び舎からだと、更に美しい景色が広がっていそうです。

DSC_4464_R.JPG

お目当ては、この菜の花をイメージした黄色いポスト。
「いいやま菜の花まつり」のパンフレットには、このポストから投函すると、幸せを運んでくると書いてあり、インスタ映えすることもアピールされていました。

DSC_4466_R.JPG

実物の黄色いポストは、確かに素敵でした。
見慣れていないせいもありますが、通常の赤色のポストよりも良いと思ったくらいです。

DSC_4467_R.JPG


この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています。