plaintiff, litigation, settlementの意味 「NHK World Japan News」より

NHK WORLD-JAPAN Newsは、NHKが運営しているニュースサイトで、TOEICテストのリーディング力を養う上で、かなり有益なコンテンツだと思います。
10月25日(金)の、クラレが米子会社工場の火災事故で和解金支払いに応じたことを取り上げた記事に、以下の文章がありました。

===========================================================================
The company said on Thursday that Kuraray America faced several lawsuits filed by more than
160 contract workers and others in Texas.

The plaintiffs say they suffered injuries due to a blaze at a Kuraray resin production factory
in Texas in May last year.

Kuraray says it will post a litigation-related, extraordinary loss of nearly 130 million dollars
in the third quarter of the fiscal year ending in December this year.

The company says it is still investigating the impact of the settlement on its financial result
for the full year.
===========================================================================

〔引用元〕
NHK World Japan News
“Kuraray to pay $92 mil in US lawsuit settlement”
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20191025_05/

(引用文の意味)
同社は木曜日、子会社のクラレアメリカが、160人以上の従業員らから複数の訴訟を起こされていたことを明らかにしました。

原告団は、テキサス州にあるクラレの樹脂製品工場で、昨年の5月に発生した火災により負傷したと主張しています。

クラレは、12月決算の第3四半期までに、訴訟関連の特別損失として約1億3000万ドルを計上すると述べています。

ただ、今回の和解が年度決算に及ぼす影響については、今尚調査中とのことです。




訴訟に関する記事ということで、それに関連するあまり見慣れない単語が並んでいます。

二つ目の文にあるplaintiffは原告、今回の記事では工場火災で負傷したクラレアメリカの従業員を指しています。
同様の意味としてcomplainant、対義語の被告としては、defendantやaccused personが使われるようです。

三つ目の文に出てくるlitigationは初めて見ましたが、一つ目の文に出てくるlawsuitと同義語で「訴訟」を表します。
litigation-relatedというのが、よく使われる形式なのか分かりませんが、ここでは「訴訟関連の」と訳しています。

四つ目の文にあるsettlementは、「定住」「開拓地」や、財産の「支払」「決算」という意味が、真っ先に思い浮かびます。
しかし、今回のような訴訟関連では、「調停」「示談」「和解」といった意味になります。
今回、和解に応じたのは一部の従業員のみで、12月期末までに更に損失が膨らむ可能性が指摘されています。

この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています。