have yet to, appreciationの意味 「NHK World Japan News」より

NHK WORLD-JAPAN Newsは、NHKが運営しているニュースサイトで、TOEICテストのリーディング力を養う上で、かなり有益なコンテンツだと思います。
3月9日(月)の、コロナウイルスの影響により世界各国で金利引き下げの動きが広がっていることを取り上げた記事に、以下の文章がありました。

===========================================================================
The central bank of Canada also cut its key rate on Wednesday, with Australia and
Malaysia following suit.

But turmoil in foreign exchange and stock markets has yet to subside.

Attention is now focused on the European Central Bank, which will hold a policy board
meeting on Thursday, as well as central banks of other countries.

Also in focus is the response by the Fed and the Bank of Japan to the appreciation
of the Japanese currency against the dollar.
===========================================================================

〔引用元〕
NHK World Japan News
“Interest rates cut amid coronavirus concern”
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200309_03/

(引用文の意味)
オーストラリアとマレーシアに続き、カナダの中央銀行も水曜日に主要金利を引き下げました。

しかし、外国為替と株式市場の混乱は、今尚収まっていません。

他国の中央銀行と同様、木曜日に政策委員会を開催する予定の欧州中央銀行に、次の注目が集まっています。

また、ドルに対し上昇を続ける日本の通貨へのFedと日本銀行の対応にも、焦点が当たっています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


二つ目の文にあるhave yet to ~は、「まだ~していない」という意味を表す慣用句です。
subsideは、「低下する」「和らぐ」等の意味を表す動詞で、ここでは上記慣用句との組み合わせで「(混乱が)今尚収まっていない」と訳しています。
be yet to ~も、have yet to ~ほぼ同じ意味を表します。

Turmoil in foreign exchange and stock markets is yet to subside.

四つ目の文にあるappreciationは、appreciateの名詞形で「鑑賞」や「評価」といった意味になります。
また、appreciateは他動詞(~を評価する、鑑賞する、感謝する)のみならず、自動詞として「騰貴する」「値上がりする」といった意味も表します。
ここでは、自動詞から転じた「値上がり」という意味で使用されています。


この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています。