sideline, fast-trackの意味 「NHK World Japan News」より

NHK WORLD-JAPAN Newsは、NHKが運営しているニュースサイトで、TOEICテストのリーディング力を養う上で、かなり有益なコンテンツだと思います。
3月4日(水)の、国際通貨基金(IMF)と世界銀行が、テレビ会議での春季総会開催を検討していることを取り上げた記事に、以下の文章がありました。

===========================================================================
Officials at the IMF and the World Bank say they will adopt a "virtual format" for their
annual spring meetings, which normally take place in Washington in April.

The change will also affect exchanges between G20 finance ministers and central
bank governors, who usually meet on the sidelines of the conferences.

Meanwhile, the World Bank is offering fast-track financing to developing countries to
help them cope with the outbreak.
===========================================================================

〔引用元〕
NHK World Japan News
“IMF, World Bank adopt 'virtual format' meetings”
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20200304_32/

(引用文の意味)
国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、4月にワシントンで開催される予定の春季総会を「バーチャル形式」で行うことを発表しました。

この変更は、会議の傍らで行われることの多いG20の金融相と中央銀行総裁の間の情報交換にも影響を与えそうです。

一方、世界銀行は大流行の抑制に向けた取組みを支援するため、発展途上国に平時よりも素早い資金提供を行っています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


一つ目の文にあるvirtual formatは、そのまま訳せば「仮想構成」。
国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、テレビ会議での春季総会開催を検討しており、ここでは「バーチャル形式」と訳しています。

二つ目の文にあるexchangeは、他動詞としての「(~を)両替する」「(~を)交換する」といった意味が真っ先に思い浮かびましたが、ここでは名詞として使われています。
モノの交換だけでなく情報等のやりとりでも使われており、ここでは「情報交換」と訳しています。

同じく二つ目の文にあるsidelineは、テニスコート等の側線や、その外側の観客や控え選手がいる場所を表します。
ここでは、会議室横の廊下や控え室をイメージしているものと思われ、「会議の傍ら」としています。

三つ目の文にあるfast-trackは、動詞として「急速に発展させる」、形容詞として「通常よりも迅速な」「出世コースの」等の意味があり、早いことを殊更強調する場面で使われることが多いようです。
ここでは有事対応ということで、「平時よりも素早い」と訳しています。


この記事へのコメント

人気ブログランキングに参加しています。